Karakuri.com

Fintechではたらくアプリケーションエンジニアの技術録

Swiftで一部の画面の回転禁止を導入したらiOS9はsupportedInterfaceOrientations was invoked recursivelyと例外が飛んでクラッシュする

iOSアプリ開発で、デザインの問題で一部の画面だけ回転を禁止にする必要が生じました。この一部の画面だけ回転を禁止するというのはUX的に問題があるのはそうなのですが、同時にAppleとしても推奨していないことのような気がします。案の定、iOS9でクラッシュするという不具合を作ってしまったので、今回はその原因と対策についてまとめます。

  • 一部の画面だけ回転禁止にする方法
    • shouldAutorotateとsupportedInterfaceOrientationsをoverrideする
  • iOS9でUIAlertControllerがクラッシュする
    • supportedInterfaceOrientations was invoked recursivelyと例外が飛ぶ
    • iOS9に無限ループに陥るバグがあるらしい
  • 問題の解決方法
    • UIAlertControllerを拡張して解決

一部の画面だけ回転禁止にする方法

shouldAutorotateとsupportedInterfaceOrientationsをoverrideする

画面回転時に呼ばれるshouldAutorotateとsupportedInterfaceOrientationsをオーバーライドして回転をキャンセルすることができます。
qiita.com
qiita.com

続きを読む

VirtualBoxのUbuntu(ゲストOS)で起動したRails ServerにWindows(ホストOS)やLAN内のスマホでアクセスする方法

VirtualBoxのUbuntu上でRuby on Rails開発環境を構築したのは良いのですが、Rails ServerにホストOSのWindowsやスマホからアクセスするのに苦戦してしまったので忘れないうちにメモ書きしておきます。

VirtualBoxのネットワーク設定を変更する

ネットワークアダプターのポートフォワーディングを追加する

f:id:hazakurakeita:20180721183917p:plain
VirtualBoxのネットワーク設定を開きます。
f:id:hazakurakeita:20180721183953p:plain
ポートフォワーディングをクリックします。
f:id:hazakurakeita:20180721184034p:plain
ホストポートを適当な数字にします。

続きを読む

Windows10にVirtualBoxでUbuntuをインストールしてRuby on Rails開発環境を構築しました

Windows10にRuby on Rails開発環境を自宅に構築したので忘れないうちにメモ書きしておきます。

Ruby on Rails開発環境を構築する環境選び

Windows上に構築するのはやめた

最初はWindows上に構築しようと思ったのですが、もともとWindowsアプリ開発環境を整えているのでカオスになるのが嫌だなと思ってやめました。また、調べてみるとインストールが必要なものが多くて、それだけでOSを初期化したい衝動が後々に出てきても嫌だなと思ったのもあります。他にも、

  • Windows上の開発について情報が少ない
  • Windows向けのRubyのインストーラー開発が滞っている

などネガティブな情報が多くて個人的にもあまりオススメしません。

続きを読む

C#でcsharp2nemを使ってXEMやモザイクを任意のウォレットへ送金する

先日はcsharp2nemを使ってNEMのウォレットの情報を取得する方法について書きました。
www.k-karakuri.com
今回はcsharp2nemを使ってXEMやモザイクを送信する方法について書きます。

csharp2nemを使って送金の準備をする

接続するネットワークを選択する

前回同様、接続先をテストネットかメインネットか指定します。

var connection = new Connection();
connection.SetTestnet();

本番のメインネットの場合はこちら。

var connection = new Connection();
connection.SetMainnet();
続きを読む

XcodeのFrameworkでBridging Headerは使えないのでmodule.modulemapを追加してエラー回避する

外部ライブラリをラップするライブラリを作成して社内で使いまわすということをWindowsやAndroidでは当然のようにやってきたのですが、iOSでは簡単にできない場合があります。それはObjective-Cで書かれたライブラリをSwiftのFrameworkでラップする場合です。

FrameworkでObjective-CのFrameworkの組み込み時にエラー

error: using bridging headers with framework targets is unsupported

プロジェクトにObjective-Cで書かれたFrameworkを組み込む場合、Bridging Headerを追加して参照できるようにします。Frameworkで同じようにするとエラーが発生してビルドできません。エラーメッセージそのままですが、FrameworkではBridging Headerが使えないようです。

ググってもObjective-CのFrameworkを修正する方法ばかり

ではどうやって組み込むのかどうか、ググって調べてもObjective-CのFrameworkを修正してビルドし直すという方法ぐらいしか見つかりませんでした。しかし、今回のFrameworkはサードパーティー製でソースコードは手元になく修正はできません。

続きを読む

C#でcsharp2nemを使ってNEMのウォレットの残高などの情報を取得する

NEMはRESTFulな思想で開発が容易という特徴がありますが、さらに各言語にライブラリが公開されているので、NEMのブロックチェーンから情報を取得するのが容易になっています。今回はC#向けのライブラリであるcsharp2nemを使ってNEMのウォレットの情報取得を行ってみました。

NEMのC#向けライブラリcsharp2nemとは

Githubで公開されています

有志によって開発されGithubで公開されています。
github.com

Nugetでも公開されています

Nugetで公開されているので、Windowsアプリケーションとして利用する場合はこちらからインストールすると簡単にプロジェクトに導入できます。
www.nuget.org

Unityで使用することも可能

C#向けなのでUnityで利用することができます。つまり、AndroidやiOS向けに利用することも可能ということです。

続きを読む

C#のTaskを使った非同期処理のタイムアウトの実装方法について

データ量に比例して処理時間が増えるコードを非同期処理で実行していたのですが、データ量が少ないとプログレスリングがすぐ消えて画面のチラつきになってしまうことがありました。このため、処理時間が一定以上の場合はプログレスリングを表示し、一定未満の場合は表示しないというコードを書く必要があります。今回はその処理を実装するためTaskのタイムアウトを使用しました。

プログレスリングを毎回表示する場合

まずは基本的な非同期処理の実装についてです。時間のかかる重い処理をTask.Runで実行することで別スレッドで実行します。Thread.Sleepが実行されている間はUIスレッドは空いているので、UIがフリーズすることはありません。

async void Method()
{
     ProgressRing.Visibility = Visibility.Visible;
     await Task.Run(() => Thread.Sleep(10000));
     ProgressRing.Visibility = Visibility.Hidden;
}

このケースはこれで問題ないのですが、Thread.Sleepの時間が動的に変わる場合はどうでしょうか?

async void Method(int time)
{
     ProgressRing.Visibility = Visibility.Visible;
     await Task.Run(() => Thread.Sleep(time));
     ProgressRing.Visibility = Visibility.Hidden;
}

多くの場合が100とか200とかだとプログレスリングのチラつきを指摘される可能性があります。このケースだとシンプルなのでtimeの値によってプログレスリングの表示を制御できますが、当然ながら実行してみなければ時間が分からないケースのほうが多いでしょう。

続きを読む

SwiftとiOSで定期的なバックグラウンド処理の実行は不可能なので諦めるべき

AndroidやWindowsではバックグラウンドで定期処理を実行することは比較的容易です。これと同様にiOSでも同じ機能を実装しようとすると問題に直面します。直面するというか、その機能はiOSでは実装できません。

iOSのバックグラウンド処理

UILocalNotificationで実行

UILocalNotificationを使えば、指定時間後にiOSからアプリの処理を実行させることができます。アプリがバックグランドでも、起動していなくても可能です。しかし、これはNotificationの通知からアプリを起動したときに呼ばれるメソッドです。Notificationの通知が発生したら呼び出されるわけではありません。起動中だと呼び出されるのですが。バックグラウンドで継続して定期的な処理を走らせることはできません。なお、iOS10以降ではUILocalNotificationはdeprecatedとなっており、UNNotificationRequestを使うように勧告されています。

続きを読む

レガシーコードの特徴を具体的な4つの例を示して問題点をまとめます

新卒で入社した企業では20年物のソースコードが現役で動いていたりしました。しかも協力会社に丸投げした部分やインドにオフショアした部分などが入り混じってカオスとなっていました。エンジニアも玉石混在で、カオスに練度の低いエンジニアが保守拡張したりしてカオスがさらにカオスに。そんなソースコードには発狂しそうになるレガシーコード(一部ではウンコードと呼ぶ人もいる)が豊富に眠っていました。今回はレガシーコードの反面教師としてその具体例を挙げてみます。

レガシーコードの具体例

意図が分からない

if ( path != null )
{
    str = Path.Combine(path, fileName);
}
else
{
    str = path + fileName;
}

たぶんpathがnullでPath.Combineでクラッシュする不具合があったんでしょうね。それを修正した結果が上のコードになったのでしょう。pathがnullのときクラッシュすることはこれで回避できた(できてるこれ?)かもしれませんが、nullのときstrは本当に問題ないんですかね…。この不具合修正で新たな不具合を作っていそうです。

続きを読む

SwiftのisEmptyやCountはnilを返す可能性があることを忘れてしまう

C#でstring.Emptyを多様しているせいか、SwiftのisEmptyがnilとなることを想定せずにクラッシュさせてしまったことが昔ありました。そのときPlaygroundで挙動を確認したことがあったので、その結果を載せておきます。

nilの可能性を忘れてしまう変数

isEmpty

f:id:hazakurakeita:20180413222215p:plain
case5において、初期化していない非オプショナル型の配列は、オプショナル型か非オプショナル型かを明示するとisEmptyを呼び出すことができます。ビルドエラーにはなりません。このcase5をオプショナル型としてisEmptyを実行するとnilが返ってきます。更に、このcase5を非オプショナル型にアンラップすると何も返ってきません。例外が発生します。また、case6のように初期化していないオプショナル型の配列も、明示することでisEmptyを呼び出し可能です。こちらの場合はcase6をオプショナル型、非オプショナル型どちらでisEmptyを実行しても例外が発生します。

Count

CountもC#ではnullのイメージがないため、Swiftでは一瞬戸惑ってしまいます。